MENU

MFゴースト相葉 瞬が搭乗する日産GT-R NISMOはどんな車?スペックを解説

  • URLをコピーしました!

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

人気アニメ『MFゴースト』に登場する車両について紹介します。

今回は主人公の相葉瞬が搭乗する、日産GT-R NISMOのスペックについて解説します。

日本が世界に誇るスポーツカーですので、是非チェックしてみてください。

また、『MFゴースト』を見逃した方におすすめな無料で見逃し配信を見れる動画サービスを以下の記事で紹介していますので、あわせてご覧ください。

目次

日産GT-R NISMOのドライバー 相葉瞬とは?

日産GT-R NISMOのドライバー相葉瞬は、小田原生まれの24歳、MFGドライバーです。

相葉瞬はゼロ・アカデミーの卒業生であり、第3回大会では9位にランクイン。

国産車で唯一トップ10に名を連ね、「GT-Rのアイバ」「カミカゼヤンキー」と称されています。

彼のアグレッシブな運転技術と、レース当日にMFGエンジェルスへの心遣いから、多くのファンを獲得しています。

しかし、時に感情が高ぶりタイヤの管理を見誤ることも。MFGエンジェルスの7番に思いを寄せ、次回大会で上位5位以内に入り、プロポーズを夢見ています。

86GTのスペックは?

相葉瞬の登場する車両である「日産GT-R NISMO」のスペックについて紹介します。

GT-R NISMOは、NISMO独自のチューニングを施したV型6気筒 3.8リッターツインターボエンジンを搭載。

このエンジンは、最大出力441kW(600PS)、最大トルク652Nmを発揮し、6速DCTトランスミッションと組み合わせられています。

エンジンは、専門技術者によって一つ一つ丁寧に組み立てられ、各エンジンには「匠」の名前が刻まれたアルミプレートが付けられます。

走行性能面では、標準モデルのボディ剛性を向上させることで、ショックアブソーバー、スプリング、スタビライザーの細かい調整が可能になりました。

また、NISMO独自のチューニングを施した「Bilstein DampTronic」ショックアブソーバーは、路面状況に合わせた電子制御式のサスペンション調整を可能にし、優れたドライビングコントロールを実現しています。

外観に関しても、NISMO専用のカーボンファイバー製フロントバンパーや新デザインのグリルが採用されています。

これらの変更により、エンジンの冷却性能の向上やダウンフォースの発生が強化されています。これにより、GT-R NISMOは日産車の中で最高レベルのダウンフォースと安定性を誇るとされています。

日産GT-R NISMO

出典:日産自動車公式

日産GT-R NISMO2017のスペックは以下の通りです。

項目詳細
型式DBA-R35
駆動方式フルタイム4WD
ミッション6AT
全長×全幅×全高4690×1895×1370mm
ホイールベース2780mm
車両重量1740kg
エンジン種類V型6気筒DOHCツインターボ
過給器ツインターボ
総排気量3799cc
最高出力600ps(441kW)/6800rpm
最大トルク/回転数66.5kg・m(652N・m)/3600~5600rpm
サスペンション形式(フロント)独立懸架ダブルウィッシュボーン式
サスペンション形式(リア)独立懸架マルチリンク式
タイヤサイズ(フロント)255/40ZRF20(97Y)
タイヤサイズ(リア)285/35ZRF20(100Y)
ブレーキ形式(フロント)ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(リア)ベンチレーテッドディスク
相葉瞬「日産GT-R NISMO」スペック一覧

アニメ『MFゴースト』を動画で見るなら

アニメ『MFゴースト』を動画で見たい方にはDMMプレミアム(DMM TV)がおすすめです。

DMMプレミアムでは、月額550円で『MFゴースト』をはじめ話題の新作アニメ、ドラマ、バラエティなどが見放題!

好きなアニメをいつでもどこでもスマホやタブレットで楽しめます。

\ DMMプレミアムで『MFゴースト』を見てみる!

まとめ

今回は人気アニメ『MFゴースト』に登場する日産GT-R NISMOのスペックについて解説しました。

日本屈指のスポーツカーと日産GT-R NISMOと相葉瞬の活躍に期待したいですね。

また、MFゴーストに登場する各キャラクターごとの車両スペックについても以下の記事で解説していますので、あわせてご覧ください。

それでは、次の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次