MENU

ME:I 笠原桃奈のアンジュルム時代の活動や脱退の理由について解説!

  • URLをコピーしました!

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

今回は、ME:Iの笠原桃奈さんのアンジュルム時代の活動脱退の理由について解説します!

当時10歳でハロプロに合格した笠原桃奈さんは、ハロプロ研修生時代を経て、2016年にアンジュルムに加入しました。

この記事では、アンジュルム時代の活動内容と脱退理由に加え、笠原桃奈さんが参加した楽曲やアンジュルム時代のエピソード、脱退時のSNSの反応についてもご紹介します。

また、笠原桃奈さんのプロフィールや経歴については以下の記事で解説していますので、あわせてご覧ください。

目次

アンジュルム時代の活動内容

2015年4月:ハロプロに研修生として加入

当時10歳でハロプロのオーディションに合格した笠原桃奈さんは、2015年4月にハロプロ研修生に加入しました。

研修生時代には、「ハロプロ研修生 発表会2016」に参加し、モーニング娘。の「愛しく苦しいこの夜に」を披露。

発表会でのパフォーマンスが高く評価され「ベストパフォーマンス賞」を受賞し、当時からアイドルとしての才能を発揮していました。

2016年7月:5期生としてアンジュルムに加入

笠原桃奈さんは、2016年7月16日にハロプロ研修生から「アンジュルム」5期生として加入しました。

アンジュルムの前身は、つんく♂さんがプロデュースしていた「スマイレージ」です。

スマイレージは2010年の「日本レコード大賞最優秀新人賞」を受賞し、大きな期待をされていたアイドルグループでした。(※2014年12月17日に「アンジュルム」に改名)

当時のメンバーには、モデルとして「anan」にも出たことがある相川茉穂さんや、現在のリーダーである上國料萌衣さんがいました!

2016年10月:楽曲「上手く言えない」でメジャーデビュー

アンジュルムの最年少メンバーとして注目を集めていた笠原桃奈さんは、2016年10月19日に「上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる」でメジャーデビューを果たしました。

笠原桃奈のアンジュルム時代の参加曲一覧

時期種類曲名
2016年10月19日22ndシングル上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる
2017年6月21日23rdシングル愛さえあればなんにもいらない/ナミダイロノケツイ/魔女っ子メグちゃん
2017年12月13日DVD/Blue-rayマナーモード/キソクタダシクウツクシク/君だけじゃないさ…friends
2018年5月9日24thシングル泣けないぜ…共感詐欺/ Uraha=Lover/君だけじゃないさ…friends (2018アコースティックVer.)
2018年7月21日配信夏将軍
2018年10月31日25thシングルタデ食う虫もLike it!/46億年LOVE
2019年4月10日26thシングル恋はアッチャアッチャ/夢見た 15年
2019年11月20日27thシングル私を創るのは私/全然起き上がれないSUNDAY
2020年8月26日28thシングル限りあるMoment/ミラー・ミラー
2020年12月24日配信SHAKA SHAKA TO LOVE
2021年6月23日29thシングルはっきりしようぜ/泳げないMermaid/愛されルート A or B?
2021年9月1日配信SHAKA SHAKA #2 LOVE カラフルライフ編

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%81%AE%E4%BD%9C%E5%93%81%E3%83%BB%E5%87%BA%E6%BC%94%E4%B8%80%E8%A6%A7「ウィキペディア」より抜粋

2021年11月:ハロプロとアンジュルムを卒業

笠原桃奈さんは、2021年11月15日をもって約5年3か月活動していた「アンジュルム」を卒業しています。

アンジュルム卒業と同時に、約6年半在籍した「ハロプロ」の脱退も発表し、卒業コンサートは日本武道館で行われました。

エピソード①:ハロプロ研修生時代は劣等生!?

笠原桃奈さんは、ハロプロ時代に自分の実力の無さに落胆して、辞める寸前まで追い込まれていた過去があります。

ハロプロ研修生同期の「つばきファクトリー」小野瑞歩さん秋山眞緒さん「BEYOOOOONDS」前田こころさんの歌やダンスの実力に圧倒され、バレエしか習ったことがなかった笠原桃奈さんは、先生からよく怒られていたそうです。

また、先輩のパフォーマンスを見学しているときの態度が悪くて、部屋から退室を命じられたり、ハロプロ研修生時代は悪い意味で目立つ存在でした。

そんな経緯もあって、2016年の研修生発表会「公開実力診断テスト」終了後に、辞める決意をしていたそうです。

「最後だから精一杯がんばろう!」と発表会で渾身のパフォーマンスを披露したところ、「ベストパフォーマンス賞」に輝き、家族との話し合いや支えもあって、その後はトントン拍子にアンジュルム加入に至りました。

エピソード②「赤リップ事件」

赤リップ事件とは、アンジュルム時代の当時14歳だった笠原桃奈さんのリップの塗り方が濃すぎて一部のファンから批判された事件です。

事件を知った当時のリーダー和田彩花さんは「アイドルも自由な部分があってもいい!」とライブの挨拶でフォローを入れる一幕があり、大きな事件へと発展することはありませんでした。

メンバー最年少だった笠原桃奈さんを全員で守ろうとする心温まるエピソードでした!

アンジュルム脱退の理由

アイドルとして高みを目指す決意をした笠原桃奈さんですが、具体的な脱退理由は何だったのでしょうか?

ここでは、笠原桃奈さんのアンジュルム脱退の理由についてご紹介します!

脱退の理由は、さらなる高みを目指すため

アンジュルムの笠原桃奈です。

いつも応援してくださる皆様に、ご報告させて頂かなければならないことがあります。

私、笠原桃奈は年内を以って、アンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業いたします。

突然のご報告で皆様には色々な気持ちを抱かせてしまっていると思います。申し訳ありません。

私は新しい大きな夢のために、一度芸能界を離れ一人で進む決断をしました。
卒業後は夢を実現するために、海外に身を置き、改めて歌やダンスを学びます。
そこで視野を広げ、ステージの上での在り方を磨きたいと思っています。
無謀じゃないかと自分の中で葛藤しながら沢山考えた末、決めた事です。

(中略)

改めて、いつも支えてくれるスタッフの方々、こうしてこの文章を読んでくださっているファンの皆さん、
家族、大好きなメンバー。
皆さんがいたから、こんな私がここまで幸せにのびのびと、活動することができました。
まだまだ未熟な私ではありますが最後まで成長し続けますし、
アンジュルムでの思い出も沢山沢山、作りたいです。
私は本当に幸せです。これからの新しい人生の一歩も、背中を押してくれる人がいて、
そしてこの場所にいたから歩もうと思えました。
私は何よりも大切で大好きなアンジュルムから自立をし、一人の人間としての歩みを進めていこうと思います。
最後まで駆け抜けますので、アンジュルムとそしてアンジュルムにいる笠原桃奈の事を、
応援してくださると本当に嬉しいです。

よろしくお願いします!

ハロー!プロジェクト

本人および一般的な脱退理由としては、「海外で歌やダンスを磨きたい」となっています。

ハロプロ側も笠原桃奈さんの熱量に圧倒され、応援する意思を示しています。

また、メンバー内の「いじめ」による脱退という憶測が飛び交っていますが、そういった事実はありません。

いじめが脱退理由として噂された経緯は、メンバーの集合写真で笠原桃奈さんが、たまたま一人だけポツンと写っていたというだけで、全く脱退の理由とは関係ありませんでした。

独自目線で脱退理由を考察

ここでは、本記事の独自目線で笠原桃奈さんの脱退理由や経緯を考察していきます!

アンジュルムの入れ替わりの激しさが原因!?

新たなステップアップと言えば響きは良いですが、裏を返せば今いる環境では限界があるという捉え方もできます。

実際にアンジュルムは、メンバーの入れ替わりが激しいグループとして有名で、毎年のように増えては減りを繰り返してきました。

グループの成熟度を上げるという意味では、メンバー編成の不安定さはマイナス要素となり、笠原桃奈さんも最高のパフォーマンスを目指せないと考えてしまった可能性があります。

K-POPアイドルのレベルの高さを熟知していた笠原桃奈さんが、環境を変えたいという強い意志を持ったと考えることができるのではないでしょうか。

IZ*ONE(アイズワン)やK-POPに憧れを抱いたから!?

生粋のK-POP好きとして知られている笠原桃奈さんですが、ファンと公言している韓国のアイドルグループ「IZ*ONE」に憧れを抱いて脱退の道を選択したと考えられます。

XにIZ*ONEの曲を紹介する投稿をした過去もあり、当時はオーディション内容もチェックして、あまりのレベルの高さに脱帽していたそうです。

また、アンジュルム脱退から日プ参加までの間に韓国に行って歌やダンスを磨いていた噂もあり、韓国でのデビューも考えていたのではないでしょうか。

皆さんへ

こんにちは、笠原桃奈です。

いつも応援してくださる皆様に、ご報告させて頂かなければならないことがあります。

(中略)

夢が叶うことができたら、皆さんにお会いできる日があるかもしれません。

実現するのか、どれくらいの時間がかかるのか、それはまだ何も分からないけれど、

無謀かもしれない大きな夢に向かって、私は絶対怯まず歩みます。

https://ameblo.jp/angerme-ss-shin/entry-12681980511.html「Amebaブログ」より

アンジュルムのメンバーブログで卒業の挨拶をしたときには、「韓国でのデビューを目指す」と捉えることもできる内容も記載されており、脱退の理由がK-POPアイドルへの憧れだったと言えるのではないでしょうか。

脱退に対してのネットの反応は?

5年以上の間、アンジュルムとして活動していた笠原桃奈さんの脱退は、応援していたファンにとっては大変ショックなものだったのではないでしょうか。

ここでは、笠原桃奈さん脱退についての世間の反応をご紹介します!

一方で、卒業後の活動について考察するファンや、笠原桃奈さんは口にはしていないけど、韓国に行く可能性が高いと予想するファンもいました!

脱退を批判するコメントなどは見当たらず、円満に脱退したことと、笠原桃奈さんがしっかりとファンに支持されていたことがわかりました。

まとめ

今回は、笠原桃奈さんのアンジュルム時代の活動や脱退の理由について解説しました。

アンジュルム時代は最年少メンバーとして、数多くの楽曲に参加し、脱退のときも「海外で歌やダンスを磨く!」と残して惜しまれながらの円満脱退でした。

これからの笠原桃奈さんの活躍にも期待しましょう。

また、ME:Iとしてデビューが決定しているメンバーを以下の記事で紹介していますので、合わせてご覧ください。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次