7DaystoDieレンチの作り方は?使い方や金策方法も解説

  • URLをコピーしました!

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています

大人気ゾンビサバイバルゲーム7DaystoDie(7dtd)

今回は7Days to Dieで序盤から重要なツールとなる「レンチ」について解説します。

レンチを早く入手できるかどうかで、アイテムの収集や金策の効率が全く違ってきますので早めに入手しましょう。

また、で7Days to Dieのマルチプレイサーバーを構築する方法についても以下の記事で解説していますので、あわせてご覧ください。

目次

7Days to Dieレンチの入手方法は?作り方も解説

レンチの入手方法①:クラフトで作成する

1つ目に紹介する入手方法はクラフトで自分で作成する方法です。

レンチを作成するのに必要なスキル

レンチを作成するためには「回収ツール」のスキルを取得する必要があります。

7Days to Dieでレンチを作成するのに必要なスキル

のスキルのレベルを上げるためには「スクラップ・フォー・ファン」の雑誌を3冊集める必要があります。

レンチを作成するのに必要な材料

レンチの作成に必要な素材は以下となります。

7Days to Dieでレンチを作成するのに必要な素材
レンチを作成すのに必要な素材
  • 鍛造アイアン 12個
  • 機械部品 4個
  • ダクトテープ 2個

「機械部品」「ダクトテープ」は探索で割と簡単に見つかるほか、トレーダーでも安価で販売されていますので見つからない場合はトレーダーから購入するのが良いでしょう。

「鍛造アイアン」「鉄くず」炉(フォージ)で溶かして作成することができます。

炉の作成方法については以下の記事で解説していますので、あわせてご覧ください。

レンチの入手方法②:トレーダー報酬で取得する・購入する

トレーダークエストを受ける際に、クエスト完了後に報酬としてレンチが選択できる場合があります。

7Days to Dieのトレーダー報酬で獲得できるレンチ

また、商品として販売されている場合もありますので、見つけたら買っておくのがおすすめです。(後程紹介する金策方法ですぐに費用を回収できます)

しかし、α21ではレンチをクラフトするハードルが下がっているため、レンチは自分で作成し、クエスト報酬は他の物をもらう方が効率的です。

レンチの活用方法は?

金策に有効なアイテムの収集

序盤でレンチを入手した際の最大のメリットは車を解体できるようになることです。

マップ上に大量に存在している放置された車を片っ端から解体しましょう。

7Days to Dieで車を解体して得られる部品

車からは普通の探索ではなかなか手に入らない機械部品やエンジン、バッテリーなどが簡単に入手でき、それらをトレーダーに売却していくことでどんどん資金をためることができます。

希少部品の収集

中盤まではクラフト難易度が高いを入手することが可能になります。

一番簡単な方法は道路に設置されている街頭の照明部分を解体する方法です。

7Days to Dieでマップ上に配置されている街頭

ブロックを真上に積んでいき、街頭の高さまで到達してからレンチで解体しましょう。

街頭の高さまでブロックを積む

街頭の明かりが点灯する部分に合わせてレンチを使います。

解体する場所

画像右下のように鋼が入手できます。

「作業台」スキルを最大まで上げないと使用できないるつぼを使わずに鋼を入手することができ、鋼がボトルネックで作成できなかったクラフトアイテムが作成できるようになります。

7Days to Dieをマルチプレイで楽しむには?

7Days to Dieマルチプレイに対応しており、サーバーを用意することでPvPPvEコンテンツとして楽しむことができます。

友達とワイワイマルチプレイしてみたいけど、自分のPCだとスペックが足りない…

マルチプレイサーバー立てるのってインストールや設定が難しそう…

そんな時におすすめなのがConoHa for GAMEです。

ConoHa for GAMEはインターネット大手GMOが提供するゲームのマルチプレイに特化したレンタルサーバーです。

ConoHa for GAMEなら7Days to Dieのテンプレートイメージが用意されてて自動インストールできるから初心者でも安心!

Palworldマインクラフト、有名VTuberなどが参加するストグラで使用されるGTA5 FiveMなどでも多く利用されています。

ConoHa for GAMEの特徴
  • 自動インストール機能があるため専門知識不要で契約後すぐに7Days to Dieマルチプレイできる
  • 圧倒的に高性能なサーバー
  • 安心のサポート体制

料金はゲームのマルチプレイ用サーバーとして使用する場合は4GB以上のプランが推奨月額3,969円からとなっており、頻繁にセールをやっていますので非常に安価な費用でマルチプレイを始めることができます。

ConoHa for Gameのここがポイント!

使いやすさではConoHa for GAMEが圧倒的に好評!
7Dasy to Dieの自動インストール機能で初心者でもすぐにマルチプレイ可能!

マルチプレイをこれから始めてみたいと思っている初心者の方に最適なレンタルサーバーです。

私自身もConoHa for GAMEを使用していますが、契約から7Dasy to Dieのインストールまで30分ほどで完了してすぐにマルチプレイできました。

7Days to Dieをマルチプレイでワイワイ遊んでみたいと思っている方は、ぜひ活用してみてください。

\ 今すぐ7Days to Dieのマルチプレイを始める! /

まとめ

今回は7Days to Dieで序盤から重要となるレンチについて解説しました。

効率プレイには必須のアイテムとなりますので、早目に入手して活用しましょう。

また、当サイト内で公開している7Days to Dieの攻略・設定などに関する記事を以下のページでまとめていますので、あわせてご覧ください。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次